So-net無料ブログ作成
検索選択
アニメ‐雑記 ブログトップ
前の10件 | -

二本の短編アニメーション [アニメ‐雑記]

どちらもYouTubeで視聴可能(だったんですが一部参照先を変更しました)です。テレビ等で見慣れたアニメとは一風変わった雰囲気が素敵だなあと。

rain town』


卒業制作アニメーション 「rain town」 :Graduation film

一本目は以前に取り上げた自主制作アニメ『フミコの告白』の作者(京都精華大学アニメーション科の学生さん)が自身の卒業制作として作ったものだそうです。今年の3月の時点で公開されていたようですね(気付くの遅すぎだなあ俺)。台詞は一切無く、『フミコの告白』とは違った魅力を持った作品に仕上がっています。

『The Lost Thing


The Lost Thing Trailer

二本目は海外の作品。オーストラリアの絵本作家であるショーン・タン(Shaun Tan)が自ら制作し、第83回アカデミー賞の短編アニメーション賞を受賞したそうで。凄いっすね。これも紹介するにはいささか遅いんですけど。英語の台詞がありますが、映像を見ているだけで内容を把握するには困らないと思います。独特のタッチで描かれる世界が素敵です。そしてヤドカリモドキ(?)がとてもキュート。

web拍手 by FC2
ブログパーツ

タグ:短編アニメ

海外アニメの『ブレンダンとケルズの秘密』が観たい [アニメ‐雑記]

第82回アカデミー賞の長編アニメーション部門にノミネートされ、『カールじいさんの空飛ぶ家』や『プリンセスと魔法のキス』といった強豪と賞を競ったフランス・ベルギー・アイルランド合作のアニメーション。正直に言うと最近まで全く意識に無かったという情けなさ。ノミネート作品は一応チェックしてたんだけどなあ。

The Secret Of Kells - Promotional Trailer

いやあ、いいなあこれ。情報としては遅すぎるが、11月23日まで開催されてる第17回大阪ヨーロッパ映画祭のプログラムとして大阪市内のイシハラホール東京でも渋谷区内のシネマ・アンジェリカで上映されるそうだ(日本語字幕付き)。実は以前、2009年にもジブリ博物館等で特別上映されたらしいが、その際は日本語字幕なしだったと。その意味では今回の上映はチャンスですな。

残念ながら自分はDVD等のソフト化が実現することをひたすら祈るのみです。悔しい。

web拍手 by FC2
ブログパーツ

短編アニメ『Out of Sight』 [アニメ‐雑記]

少し前(10月頭だったか)に話題となった短編アニメを貼ってみたり。既に見た人も多いかもしれない。

Out of Sight

知ったのはTwitter上で紹介されてたから。台湾芸術大学の学生さんが卒業制作として作った短編アニメだそうだ。一年前くらいにここでも取り上げた自主制作アニメ 『フミコの告白』とはまた一味違った魅力に溢れた素晴らしい出来栄え、話題になるわけだ。

女の子がどんな風に世界を認識していくかを上手く表現しているし、せいぜい5分半程度の短編なのにいろいろなことを想像させてもくれる。女の子を取り巻くのが暗闇ではないあたり、アニメ制作上の都合や手法と考えるより作り手たちが優しいのだと思いたい。柄にも無くおセンチですまん。

参考:これを取り上げたGIGAZINEの記事
 ⇒【犬とはぐれた少女の大冒険を描いたアニメーション「Out of Sight」

web拍手 by FC2
ブログパーツ

『宇宙ショーへようこそ』が楽しみだ [アニメ‐雑記]

公開日も正式に決定(2010年6月26日)したようで、期待が高まるところ。
公式サイトもかなり賑やかになった⇒【『宇宙ショーへようこそ』公式サイト

『宇宙ショーへようこそ』ベルリン国際映画祭 公式PV

上に貼ったのは本作がノミネート・出品された第60回ベルリン国際映画祭の公式PVらしく、セリフは日本語だが英語の字幕とナレーションが付いている。YouTubeにアップされたものは削除される可能性もあり、その場合は同じもの(別バージョンも2種類あり)が公式サイトでも公開されているのでそちらを。

一見、『サマーウォーズ』に雰囲気が似てないか、という指摘もあるらしいが、まあそこはそれ。「理屈抜きで楽しめる作品を目指した」という舛成監督の言葉どおりにワクワクする映画になっていそうだ。

web拍手 by FC2
ブログパーツ

『GAIKING』、ねえ [アニメ‐雑記]

久しぶりの更新がYouTubeの動画ネタで恐縮千万であります。しかもネタが微妙に古いし。

GAIKING Teaser Trailer (HD) - YouTube

先日開催された東京国際アニメフェア2010で公開されたパイロットフィルムらしい。詳細は東映アニメーションの公式プレスリリースを参照してもらうとして、これはまた、映画『トランスフォーマー』みたいだ。

単なるデモンストレーションなのか、本気で実写版『ガイキング』をやるつもりなのかは分からないけど、こういうごちゃごちゃした造形じゃなくシンプルな方が良いような気が個人的にはするんだけども。どうも日本製アニメをハリウッドでリメイクすることに対して日本のオタクはアレルギーがあるようなので、邦画としてきっちりやってくれるなら歓迎されるんじゃないかな。もちろん海外へ売り込むことも見据えた上で。

YouTubeには昔のアニメ版オープニングもあったのでついでに貼ってみたり。上が1976年放映の『大空魔竜ガイキング』、まあオリジナルという奴です。下のほうが2005年にリメイクされた『ガイキング Legend of Daiku Maryu』、らしい。実はリメイク版を見ていないのでちょっと自信ないです。

大空魔竜ガイキングOP&ED - YouTube

ガイキング Legend of Daiku Maryu OP - YouTube

web拍手 by FC2
ブログパーツ

タグ:動画 GAIKING

『コララインとボタンの魔女』が観たい [アニメ‐雑記]

公式サイトはここ⇒【映画『コララインとボタンの魔女』公式サイト


YouTube - コララインとボタンの魔女 予告編

最初に事前情報なしに予告編を見た時は「ああ、また3DCGアニメか」と思ったんだが、さにあらず、これ人形(パペット)アニメなんだそうだ。すげえな。手間を考えたら気が遠くなるわ。YouTubeにはこの映画専用のチャンネルがあって、メイキング映像もたくさん公開されてる。
興味があればこちらも(音声はすべて英語ですが)⇒【YouTube - CoralineTheMovie

ちなみに最初から3D上映を想定して制作されたらしいので、上映館は限定されてしまうかも。

コララインとボタンの魔女 (角川文庫)

コララインとボタンの魔女 (角川文庫)

  • 作者: ニール・ゲイマン
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/01/23
  • メディア: 文庫

原作はこれ。児童文学らしいですがヒューゴー賞受賞してるみたい。

web拍手 by FC2
ブログパーツ

「フミコの告白」って知ってました? [アニメ‐雑記]

自分は知りませんでした。今回NHK BS2で放送されたデジスタこと「デジタル・スタジアム」の細田守セレクション回で、見事アワード受賞。なにやら2009年11月にYouTubeやニコ動にアップしたら100万回再生を記録したらしく、ネットではとっくに有名だったんですと。いやあ、本当にアンテナ低いよな俺。

自主制作アニメ 「フミコの告白」

作者は京都精華大学マンガ学部アニメーション科の学生さん。凄いね。なんでも二回生の時、スタジオジブリの一次に合格するも大学でもっとやりたい事があったので辞退したそうな。なんというイケメン。日本のアニメ界を担うのは貴方だよ。

ちなみに作者のブログはここ⇒【Tate:はてなダイアリー
インタビューなども読めます⇒【white-screen.jp:ヒットメーカーは大学生!

いや本当にたいしたもんだ。煽りとか一切なしで凄いと思う。プロを目指すとのことなのでぜひ頑張って欲しい(俺が言うことじゃないな)。

web拍手 by FC2
ブログパーツ

Unlimited Blade Works [アニメ‐雑記]

小ネタばかりで我ながらまずいとは思いつつ。公開日(1月23日)が迫る劇場版Fate/stay night』の予告編第2弾が超絶格好良いことになってるので貼ってみる。もしかすると消えちゃうかも。

YouTube - Fate/stay night - Unlimited Blade Works - The Movie - Trailer 2

こりゃあ燃えるな。観に行かねばなるまいよ。TVアニメ版を見ていなかった自分には士郎の声に若干の違和感を覚えないでもないが。

【2010/01/10 23:41追記】
予告編の動画を貼っただけではあんまりなので追記。『Fate/stay night』を知っている人には今さらな話。

『Fate/stay night』は基本的に三つのシナリオから出来ている(PC版を基準とした場合)。「Fate」、「Unlimited Blade Works」、そして最終章でもある「Heaven's Feel」だ(PlayStation2版には追加シナリオ「Réalta Nua」があるらしい)。主人公である衛宮士郎が物語の主軸としてきっちり活躍するのは、今回映画化される「Unlimited Blade Works」と思っていい(TVアニメ版ではこの三つのシナリオをぎゅっと一つにまとめたそうだが)。三つのシナリオ全てをプレイすることで初めて全体像が明らかになる作品だけに、他二つのシナリオをどう取りこんでいるか、その構成にも注目したいところ。

あくまで『Fate/stay night』ファンだけを対象とした作品に仕上げるのか、予備知識なし(ゲームやTVアニメ等に触れていないという意味で)の一般層にもアピールできる伝奇娯楽アクションとして仕上げるのか。うーん、できれば後者であることを期待する。

Fate/Stay night DVD版フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] PlayStation 2 the Best

映画に興味がある人はどちらでもかまわないんでゲームをやってみるといいんじゃないか(PC版はアダルト商品扱いです、念のため)。PS2版は未プレイなので自信は無いが、PC版にあったエロ関係のシーンは一切ないと思う。全シナリオクリアには60時間くらいかかるはずだが、満足度はかなり高いです。

【2011/07/24 23:30追記】遅ればせながら劇場版『Fate/stay night』の感想を書きました。
http://chokusin.blog.so-net.ne.jp/20110724

web拍手 by FC2
ブログパーツ

『ソニック ナイト・オブ・ザ・ウェアフォッグ』 [アニメ‐雑記]

最近更新サボリ気味、今回も小ネタで。

PlayStation3とXbox360用のゲームソニック ワールドアドベンチャー』をモチーフにSEGAが制作した3DCGアニメーションのショートフィルムだそうな。ショートフィルムと言っても11分以上あるんだけど。

YouTube - Sonic: Night of the Werehog Short Movie

かなりよくできてる。こんなの作ってたんだな。ソニックはもともとアメリカでの人気が高かったんだっけ。ちなみに公式サイトもある。激重だし同じムービーが見られるだけですが。
⇒【SEGA | ソニック ナイト・オブ・ザ・ウェアホッグ

web拍手 by FC2
ブログパーツ

『涼宮ハルヒの消失』劇場版予告編 [アニメ‐雑記]

2月6日からの公開を控え、YouTube内の角川アニメチャンネルで正式に予告編が公開された。

YouTube - 「涼宮ハルヒの消失」劇場版予告編

自分は原作を未読なんだが、ファンや『涼宮ハルヒの消失』の読者からすると、この予告編はどんな受け止め方をされてるんだろう。見る限りではすごく面白そうなんだけど。原作読まずに観ても楽しめるのか、それだけが不安だ。やっぱり今からでも頑張って読もうかな。

web拍手 by FC2
ブログパーツ

前の10件 | - アニメ‐雑記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。