So-net無料ブログ作成
検索選択

TVアニメ感想(『はなまる幼稚園』第2話) [アニメ感想‐TV]

録画分の消化。思った以上に真面目で健全なお話なんだなこれ。

はなまる幼稚園 [公式サイト]

第2話「はなまるなすべりだい」と「はなまるな天才」を見た。前半は新米であるつっちーが園児たちに振り回されての失敗と、それを経て次第に馴染んでいくまでのドタバタ。後半は園児トリオの一角、柊の天才っぷりが描かれた。柊すごいな、もう子分(弟子か)ができたじゃないか。

最初に書いたとおり意外なほど「真面目」で「健全な」お話だな、と。前半のエピソード子供たちから目を離したつっちーが注意を受けるシーンや、後半、けんじくんを探すことになった際、柊を単独で行動させたつっちーへの批判を幾つか目にした。いくらアニメとはいえ、これは良くないと。いや当然な反応なんだけどね。じゃあ仮にこれが『クレヨンしんちゃん』だったら同じ反応が出たのかなと少し考えた。幼稚園児が大人びた言動をするギャップを笑うという点では共通なんだが、その受け止め方は随分と違う。もちろん描かれ方にもよるし、そもそも二つの作品を同列に比較することに無理があるのは分かってるけど。

『はなまる幼稚園』の健全さが作品の幅を狭めてもいるかな。あくまで杏たち園児を中心に描かれるんだろうが、一方でつっちーと山本先生の恋路、つまり大人側のドラマも平行して進めるつもりなら、幼稚園の外へ出ないと膨らまないはずだ。その時、つっちーのお嫁さんが夢という杏(もしくは仲良し三人組)はどう絡んでくるのか。今回の後半部分で柊が単独行動をとったような描写が許されないなら、見せ方としてはかなり制限される。しんのすけやかすかべ防衛隊の行動力を杏たちに求めるのも酷だしな。とはいえ、原作漫画はすでに7巻まで出ているようなので、その辺りの問題はとっくにクリアしてるんだろう。

まああれですね、所ジョージが司会のバラエティ、『笑ってコラえて!』の「日本列島 幼稚園の旅」コーナーを見る感覚でいいんだろうな、きっと。ああそうだ、今回のエンディング、無駄な壮大さにふいた。毎回変えるのか、大変だなこりゃ。公式サイトでちゃんと後から見られるのも素晴らしい。

web拍手 by FC2
ブログパーツ


共通テーマ:アニメ nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0)  | ▲top

nice! 21

コメント 0

コメントを書く  ※記事の内容に関係のないコメントは削除する場合があります。

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。