So-net無料ブログ作成

円居挽『丸太町ルヴォワール』 [本‐小説]

書き下ろし、しかも作者の長編デビュー作らしいが十分に楽しめた。サクサク読めるのも良かったし。

丸太町ルヴォワール (講談社BOX)

丸太町ルヴォワール (講談社BOX)

  • 作者: 円居 挽
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/11/05
  • メディア: 単行本

講談社BOXを手に取ったのは初めてだ。アニメも好評な『化物語』もここから出ているみたい。公式サイトのラインナップを眺めると、どんな層を対象としたレーベルなのかおおそよの見当は付くが、広義にはライトノベルの範疇と考えていいのかもしれない。以下あらすじ。

祖父殺しの嫌疑をかけられた城坂論語(しろさかろんご)は、変幻自在の論客が丁々発止の応酬を繰り広げる私的裁判“双龍会”の被告となる……容疑を解くためではなく、事件当日、屋敷の一室で2人きりの甘く濃密な時間を過ごした謎の女性“ルージュ”と再会する、ただそれだけのために……。

舞台は京都だ。いわゆる法廷ものなんだが法に基づく厳格な裁判ではなく、私的裁判“双龍会”は儀式であり娯楽でもあるという設定で、仮に法律上は有罪であっても相手を論破しさえすれば勝ち。法廷というよりも競技ディベートみたいな感覚かも。イメージとしては人気ゲームの『逆転裁判』が近いかもしれない。各登場人物の造形も程よく漫画的だし(あそこまでギャグ寄りではないが)。おかげで双龍会のシーンはとても楽しく読めた。やってることは屁理屈のこね回し合いってことなんですが。

言葉での丁々発止が繰り広げられる本作、勘のいいミステリ好きなら既にピンときてるかもしれないが、あえて分類するなら叙述トリック系というやつです。自分もなんとなく予想は付いたんだけど、ぬるいミステリ読みなもんでほとんど見抜けなかった。「おお、なるほど、そういうことか」と感心しっぱなし。最後の最後まで仕掛けがあるので楽しかったけど(やや負け惜しみ)。ミステリであると同時に“ボーイ・ミーツ・ガール”な恋愛ものでもあって、ラストは赤面しちゃうほど綺麗な締めくくりでした。

次回作も読んでみたいと思う。楽しかった。

web拍手 by FC2
ブログパーツ


共通テーマ: nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0)  | ▲top

nice! 8

コメント 0

コメントを書く  ※記事の内容に関係のないコメントは削除する場合があります。

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。