So-net無料ブログ作成
検索選択

OVA『ルパン三世 GREEN vs RED』 [アニメ感想‐映画]

レンタルで視聴。ルパン三世登場40周年記念として2008年に制作・発売されたオリジナル作品。
公式の特設サイトもまだ残っている⇒【ルパン三世「GREEN vs RED」特設サイト

これまでルパンシリーズの大半は見てきた(全てではないし熱狂的なファンとまでは言えない)自分としては、なんとも評価の難しい微妙な作品だったかなと。40周年記念と謳った作品でこれをやるかとすら思ったし。TV放映前提ではなくDVD販売専用(現在はレンタルも可能とはいえ)、つまり対象としたのはDVDを購入してくれるようなルパンファンであるはずだが、そんなファンほど戸惑ったんじゃないかな。以下あらすじ。

舞台は東京
民間の軍事組織“ナイトホークス”の持つお宝・アイスキューブを目当てに、緑ジャケットを着たルパンと赤ジャケットを着たルパンが勝鬨橋に現れた!?
橋の上でワルサーを構え、対峙する赤ジャケットのルパンと緑ジャケットのルパン―。

何故ルパンが2人…?!果たしてお宝はどちらが手にする…?!不二子や次元、五エ門はどちらの味方につくのか?銭形警部は本物のルパンを見分けることができるのか?!
ルパンの素顔とは…?!

タイトルで明らかなとおり本作では「ルパン対ルパン」が描かれている。これまでも似たようなエピソードはあったがさらに徹底していて、ルパンとは何者か、ルパンであるための資格とは何か、という部分にかなり真正面から踏み込んでいる。原作者のモンキー・パンチに訊けよなんて野暮は無しの方向で。

神出鬼没の怪盗、ルパンは代替わりしていくもの、と捉えるのが普通だ。“三世”なんて名乗るくらいだし。その昔、海外向けではあったが未来の宇宙を舞台にした「ルパン8世」なんて企画が立ったこともある(しかも泥棒ではなく私立探偵だ、『カウボーイビバップ』みたいな感じだったのかしら。)。何話分か制作されたものの放送されることはなかったらしいが。だがここまでシリーズが続くと、むしろ歌舞伎や落語のように名跡を継ぐというイメージの方が適当な気もしてくる。「ルパン三世」は特定の人物を指す固有名詞ではなく肩書きのようなものであり、その名前だけが後世に引き継がれていくと。

劇場版第1作(マモー編の方が通りがいいか)では、敵役であるマモーからルパンは自分の存在を問いかけられる。お前は正真正銘、オリジナルのルパン三世か。そう思い込んでいるだけのクローンではないのかと。あるいは幻となった企画、俗にいう「押井ルパン」ではさらに踏み込んだ形で提示される。ルパンなんて最初から存在していなかったのではないか。次元、不二子、五エ門、さらには銭形ですらも。こうなると『ルパン三世』という作品そのものをひっくり返してしまう。これはお蔵入りになっても無理はない。

ではこの『GREEN vs RED』は、と言えば、同じとは行かないまでも似たようなところを狙っていたりする。ルパンは本当にひとりだけなのか。世界を股にかけた活躍を可能にしているのは、大勢のルパンがいるからではないか。言い方を変えれば基準さえ満たせば誰でもルパンになれるんじゃないか、ということだ。TV第1シリーズでは祖父アルセーヌ・ルパンが残した盗術指南書を参考に、ルパンを騙り盗みを生業とする島が登場する『ニセルパンを捕まえろ!』というエピソードがあった。テクニックとしてルパンを模倣することは可能なわけだ。あとはその本質、ルパンをルパン足らしめているものとは...という点を問いかけている。その意味でもかなりチャレンジブルな作品ではある。成功しているとは言えないのが残念だが。

いまひとつ狙いが分からないのは妙にきな臭い題材を同時に持ち込んでいることだった。それは「核」と「軍備」なんだが。この作品では日本に民間軍事会社が存在し、国内の治安維持にも関与しているという設定になっている。ネタばらしになるのもまずいが、ルパンたちが狙うお宝もそれと密接に関連している。なんというか、ルパンらしくはないよな。『さらば愛しきルパンよ』がやりたかったのか。他には唐突に出てくる巨大ロボットは何だったんだろう。一瞬「はぁ?」となってしまったぞ。『20世紀少年』かよと。同じ日本テレビ絡みだけどさ。

ファンサービスもある。シリーズゆかりの小ネタをところどころに配してあるのでそれを見つけるのも楽しい。『カリオストロの城』の主題歌だった『炎のたからもの』を本作の主題歌としたのもその一つか。歌唱は今井美樹だ。オリジナルを歌ったBOBBY(ボビー)のハスキーな歌声とはまた違った魅力的なバラードになっている。声優陣に関しては...言葉を濁さざるを得ない。以前、『風魔一族の陰謀』の感想に書いたとおりだからこれ以上はあえて述べない。

すっかり長くなってしまった。最後に新作の話題を。最新作『ルパン三世 the Last Job』が金曜特別ロードショー枠で2月12日に放送される。風魔一族が絡んでくるらしい。確かパチンコ台の新作『CRルパン三世 徳川の秘宝を追え』もそうなんだよな。偶然なのか。だったら『風魔一族の陰謀』自体を放送すりゃいいのに。
それはさておき、新作のタイトルがいかにも意味深だ。これでアニメシリーズは一旦お休みにするのかもしれない。うん、いいんじゃないか。主要キャストの高齢化を考えたら遅すぎるくらいだもの。

web拍手 by FC2
ブログパーツ

nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0)  | ▲top

nice! 13

コメント 0

コメントを書く  ※記事の内容に関係のないコメントは削除する場合があります。

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。