So-net無料ブログ作成
検索選択

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』 [アニメ感想‐映画]

再視聴、もう何度目になるかも忘れた。現在公開中の『BALLAD 名もなき恋の歌』は観に行かないと思うのでオリジナルの方を見直そうかと。やっぱり面白かった。

クレヨンしんちゃん』劇場版の中でもこの「アッパレ!戦国大合戦」と「オトナ帝国の逆襲」は、子供に付き添ってきた親をボロ泣きさせる名作と評価が高い。どちらか選べと言われたら個人的には「アッパレ!戦国大合戦」かな。かなりの異色作なのは確かで無理に『クレヨンしんちゃん』の映画でやらなくても良かったのではという意見もやはりあって、実写映画化を企画した人たちもおそらくそう考えたんじゃないか。だが今さら言うまでもなくそれは間違いだ。『クレヨンしんちゃん』という枠組みの中でこそ成立している映画なので、単純にその枠組みを取り外しては台無しになってしまう。面白く仕立て直すには慎重に脚色しないと駄目だ。その辺りに不安があって『BALAD』を観に行く気になれないんだよな。本当は観て確かめるべきだと思うんだけど。

この映画でも野原一家は大活躍する。基本的にギャグアニメなのでかなり無茶な展開もあるが、それでも破綻しないのは『クレヨンしんちゃん』だからという共通認識が観客との間にできているからだ。長く愛されているシリーズ物の強みでもある。ただ映画の締めくくり方には不満というか疑問も残る。未完に終わったテレビ版を映画で決着させるとか装いも新たに語り直すというパターンを除き、シリーズ物の劇場版は年に一度のお祭りだ。映画の中ではどんな大活躍をさせても良いが、最後には見なれたテレビシリーズへ、いわば「日常」へ戻してあげなきゃいけない。でもこの映画ではそれがない。胸を締め付ける切ないラストシーンは大変素晴らしいんだけど、この終わらせ方ではファンが毎週楽しみにしているテレビシリーズに戻って行けないんだよね。

例えば『ドラえもん』でものび太が全く成長しないのはおかしい、という見方がある。特に大長編シリーズでは得がたい経験を何度もしているし。自分も一時期、同じ理由で『ドラえもん』を敬遠したがそれは的外れなんだと後から気付いた。その一本で完結する映画なら知らず、シリーズが継続中の作品でキャラクターを勝手に成長させてはいけない。仮に成長を描くとしてもそれを許されるのは原作者の藤子・F・不二雄だけだ。アニメ版では相変わらずつまらない失敗をし、その度に「たすけてドラえもーん」と鼻水たらして叫ぶのび太じゃなきゃ駄目なんだ。これは『クレヨンしんちゃん』も同じで、相変わらずおバカで下品で底抜けに明るいしんちゃんと野原一家じゃなければ駄目だ。でもそうはならなかった。原恵一監督は全てやり尽くしたと、この映画を最後に劇場版の監督を降板したそうだが、あとの事なんか知らねーよという気持ちもあったのかな。シリーズ物の劇場版って難しいよなーと再視聴して改めて考えた。

他には「アッパレ!戦国大合戦」は声優さんも素晴らしく聞き応えがあります。おっさんが多いのもポイント高し。そういえばゲストとして雨上がり決死隊の二人も参加してるんだけど、エンドロールを見るまでころっと忘れていた。言われなければ最後まで気付かないレベル、上手だよなあ。
もしも未だ見ていないという人はぜひ。『BALLAD』と見比べるという意地悪なことをしてみるのも一興かと。

【追記】遅まきながら『BALLAD 名もなき恋のうた』を観たので感想を書きました。
http://chokusin.blog.so-net.ne.jp/20101025

web拍手 by FC2
ブログパーツ


共通テーマ:アニメ nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0)  | ▲top

nice! 5

コメント 0

コメントを書く  ※記事の内容に関係のないコメントは削除する場合があります。

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。