So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

新しい『ルパン三世』が新しくなかった [アニメ感想‐TV]

先日放送された第1話を見たわけですが、記事タイトルどおりな感想です。


「ルパン三世」オープニング映像

テレビシリーズとしては30年ぶりだそうで、日本に先行してイタリアでは8月に放送が始まっているようですね。そもそもの企画がイタリアからの要請だったのかもしれませんが、今回ルパンたちが活躍する舞台はイタリア(とその周辺?)になるようです。

キャラクターデザイン等の絵柄を含めたビジュアルはなかなかのもので、さすがに最新のアニメシリーズだなあと。上にも貼ったオープニング映像もカッコいいですしね。テーマ曲はもうお馴染みのやつです。新しいアレンジになってはいますが目新しさはありません。第3シリーズ(ピンクジャケットの)主題歌『セクシーアドベンチャー』みたいな歌曲でも良かったのになあ、とちょっと思いました。その代わりエンディングの曲が良いですね、なんとボーカル担当は石川さゆりという異色のコラボでとっても素敵です。

さて肝心の内容ですが、個人的には「ここまで同じことをやられるとさすがにもういいかな」というのが正直なところです。いや目新しさだけあればいいってものでもありませんし、「ルパン三世」という作品はもはや定番商品みたいな存在になっているわけだから、多くの視聴者(特にルパンの新作を待ちわびているような)がイメージする、これぞルパン三世だというお約束から大きく逸脱することはなかなか許されないのかもしれません。スピンオフとして放送された『峰不二子という女』も割と賛否が分かれていたような気もしますしね。

アニメとは違いますがたとえば『男はつらいよ』シリーズや『釣りバカ日誌』シリーズのように、毎年お馴染みの顔ぶれがお約束の展開をしてみせる、これぞ定番という国民的な作品も確かにあります。観客の期待を裏切ることなく、一種の安心感を与えてくれるような愛すべきシリーズ作品。『ルパン三世』もその仲間入りを既にしているのかもしれません。でもね、俺は寅さんのようなルパンを見たいわけじゃないんだよ、という思いを抑えることができないんですよね。

他には細かいことなんですけど、ある場面で銭形のとっつぁんが逃げるルパンを屋根伝いに追うという、もう何度見たか分からないシーンがあったんですけど、すんでのところでルパンにかわされ屋根の縁から落ちそうになるのを「おっとっと」みたいに腕をばたばたさせて踏みとどまるって描写があったんですよ。いやあ、もう2015年ですよ、そんな描写をいまさらやるのかよと。もうそのシーンを見た時に「あ、もう俺は見なくてもいいな」と思いました。いくら定番作品だからってねえ。

もちろんこのあと話数を重ねるなかで「おお、これはすごい」と思わせてくれる描写も出てくるのかもしれません。でもね、視聴者に「こんな作品(のテイスト)ですよ」と知らしめる役割を持つはずの第1話であんなことをされたらあまり期待はできないですよ。そんなわけで継続視聴はしないことにしました。残念です。

あともうひとつだけ、これは言っても詮無いことなんでしょうが。それはキャスティングのことです。2011年のテレビスペシャルから五エ門、不二子、銭形を担当する声優さんが変更になりました。今回の新シリーズも変更後のキャストです。そんな中で唯一のオリジナルキャストとも言える次元役の小林清志さんがね、さすがに厳しいなあと。御年82歳ですものね、無理はないんですけど。小林さんの声は大好きなんですがそれだけに聞いていてもう辛くて辛くて。御本人は声のお仕事を続けられる限り最後まで次元役を他に譲らないでしょうが。

そんなわけで新しく始まった『ルパン三世』の感想でした。

web拍手 by FC2
ブログパーツ

タグ:ルパン三世

石川博品『クズがみるみるそれなりになる「カマタリさん式」モテ入門』 [本‐小説]

タイトルなげえな!(挨拶) 久しぶりにラノベを読んだのでせっかくだから感想でも。しかし買ったのは実に3年ほど前だったりする。積読にもほどがあるだろう俺

「中野太一さん。キング・オブ・クズであるあなたに、曽我野三姉妹を攻略していただきたいのでシテ」――いつものように山背にくっついて屋上へ行った俺は、二六五五年から来た彼女、カマタリさんに出会った。でも俺、恋愛とか、ムリ。死ぬ。しかもそのターゲットの一人ってウチの学校のNo.1美少女じゃん。ムリ。死……ん? 「強くてニューゲーム」? ……俺、やるよ。クズだって……「モテたいんや!」日本中の男子諸君に捧ぐ、最弱ラブコメ堂々登場!

いやあ楽しく読めましたよ。意外に感じるほど真っ当なラブコメだったし。何年も積読してしまって本当にすまなかった。そしてずっと「カタマリさん」だと勘違いしててごめん。

実は少々タイトル詐欺と言えなくもなかったりする。作中でも主人公は「キング・オブ・クズ」だの「暗くてクサくて画的にキツイ3K生物」だの散々な言われようだ。しかし選択肢を間違いフラグ立てに失敗すると直前のセーブまで強制巻き戻しという反則ワザがあるにせよ、フラグどころか重要イベントすら発生させられないダメ男では決してない。少なくとも学校のNo.1美少女なヒロイン等からとんとん拍子に感じるほどあっさり好意を抱かれる程度には基本スペックは結構高かったりする。これでクズなら俺はなんなんだ。

ただその辺りは上手く処理してもあって「なんだよただのリア充(予備軍)じゃねーか」と鼻に付くことはない。なんだかんだ言っても主人公は前向きなやつだし彼に任務を依頼する未来人のカマタリさんも可愛い。その二人のコントめいたやり取りは読みすすめる推進力にもなっているし。いくら基本スペックが高くとも誰かを好きになりその気持ちを相手に伝えるためには時に自分を変える努力も必要だよね、と。要はこれって『ドラえもん』なのだよなあ、なんて思ったりもした。

面白かったので他の著作も読んでみようかと確認したら、以前ある方からおすすめされていた『ヴァンパイア・サマータイム』の作家さんだと気が付いた。よし、じゃあ次はそれだな・・・などと考えていたら本棚から『後宮楽園球場 ハレムリーグ・ベースボール』というのを発掘しましたよ。買ってたんだ。

いやあ、積読も大概にしろよってことですね(オチてない)

ヴァンパイア・サマータイム (ファミ通文庫)

ヴァンパイア・サマータイム (ファミ通文庫)

  • 作者: 石川博品
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2013/07/29
  • メディア: 文庫
後宮楽園球場 ハレムリーグ・ベースボール (集英社スーパーダッシュ文庫)

後宮楽園球場 ハレムリーグ・ベースボール (集英社スーパーダッシュ文庫)

  • 作者: 石川 博品
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/12/25
  • メディア: 文庫
web拍手 by FC2
ブログパーツ

井上大輔『FERMENT』が復刻される、かも [音楽]

ご無沙汰でございます。皆さまお変わりないでしょうか。

最後に更新してから相当な時間が経ち、ブログの書き方すら忘れてしまうほどです。さて、久しぶりに更新しようと思い立った理由は記事タイトルのとおりです。

このブログの最初期に自分の思い出の一曲として井上大輔の『STAY-去りゆく夏』を取り上げたことがあります⇒ 井上大輔『STAY-去りゆく夏』

先日その記事のコメント欄に「井上大輔のアルバム『FERMENT』がSony Music Shopのオーダーメイドファクトリーに登録されましたよ」と情報を寄せていただいたのです(コメントをくださったステイさん、ありがとうございます)。な、なんですとー!とサイトを見に行ったら、いやあ、ありましたよ『FERMENT』の項目が。

それがここです⇒ 【オーダーメイドファクトリー 井上大輔『FERMENT +1』

そもそもオーダーメイドファクトリーってなんだよ、という方もいらっしゃるでしょう。ショップサイト内のFAQから引用しますが、

Q.「オーダーメイドファクトリー」とはどのようなサービスですか?

A.廃盤となり入手困難な商品や、新たなベスト盤企画、貴重な未発表音源やブックレットが付いた豪華BOXセットなど、様々なタイトルを皆様のご予約によって商品化してお届けするサービスです。
設定された予約期間内に、予約数が規定の数に達した場合のみ商品化決定となります。

オーダーメイドファクトリーのしくみ


ということですね。要するにSony Musicがやってる復刊ドットコムみたいなものですか。

重要なのは「設定された予約期間内に、予約数が規定の数に達した場合のみ商品化決定」となるってところですね。まあこれは採算を考えれば当然といえば当然の話で。これを書いている時点では予約達成率が11パーセントとかなり苦戦しております。予約の締切りは2015年09月13日までです。そんなわけでもしこの記事を偶然たまたま何かの間違いで目にしてしまったという貴方、そう貴方です。予約して、お願い。復刻が決まると俺が嬉しいので(ひどい)

【2015/10/08 1:06追記】
喜ばしいことに商品化が決定しました。およそ一か月遅れの追記ですが一応ご報告まで。やあ、めでたい。

web拍手 by FC2
ブログパーツ

スパム対策としてなら納得できる [雑記]

7月ころだったろうか、急にコメントスパムが大量に投稿されるようになったのは。これまでにも時々はあったのだが、ここ最近のスパムは尋常ではない頻度で繰り返され、堪らずサポートに何らかの対策を検討してもらえないかと要望を送ったほどだった。残念なことにスパムは現在でも継続中と思われる。

思われる、と書いたのは実際に投稿が成功してるわけではなく、しかし普段ならほとんど閲覧のない過去記事に不自然なほど大量のアクセスがあり、おそらくコメントスパムを試み果たせなかった痕跡なのだろうと推測しているから。特徴としては「訪問者数」に対し「ページビュー」がほぼ10倍ということかな。それ以前にはなかったことでスパムが大量に湧いてきてからの傾向なのだなこれ。何らかの自動投稿を利用し一記事に対し成否を問わず10回行う、みたいな感じなんだろう。

So-netブログにもスパムフィルタ機能が用意されてるのでいろいろ試してみた。禁止IPを設定したり禁止WORDを登録したり。大抵の場合、サングラスやバッグ等のブランド品を安く買えるぜ的な内容なので禁止WORDには有名ブランド名がずらーっと並ぶことになりすっかり詳しくなった。嬉しくねえ。

ただこれらはいたちごっこでしかなく、最も効果的なのはコメント投稿時の画像認証を有効にすることだった。実は手順を少しでも省略できるように無効にしていたのだが、有効にした途端、上に書いたようにスパム投稿を試みた痕跡はあるものの実際にコメント欄に書き込まれることはぱたりと止んだ。その影響なのか、これまでは特定の数記事に集中していたものが文字どおり絨毯爆撃状態になった。スパム業者も意地になってるんじゃないかと思えるほどだ。おかげで(というのも変だが)PV数に関してはこのブログを始めて以来の記録を更新し続けている。だから嬉しくねえって。

今回の仕様変更でコメント投稿の手間が増えたという不満もあるようだが、スパムに悩まされるよりはずっとマシだ。だから自分はこの仕様変更を支持します。ほんとね、スパム業者は絶滅してほしいですよ。

【重要】コメント投稿での画像認証表示の仕様変更

いつもSo-netブログをご利用いただき、誠にありがとうございます。

コメント投稿でのスパム行為により、サーバー負荷やブログ開設者への迷惑行為が多発しておりますので、コメント投稿時における画像認証の表示方法を変更しました。

記事投稿時の詳細設定で画像認証を
・「有効」を選択時には、従来通りの挙動になります。
・「無効」を選択時には、コメント投稿者が接続サービスIDでログインしている時のみ、コメント投稿時の画像認証が無効(非表示)となります。

コメント投稿時にお手間をかけるようになりますが、スパム行為を減少させる為の仕様変更ですので、ご了承ください。

大変ご迷惑をおかけしますが、今後ともよろしくお願いいたします。

【2013/11/01 23:33追記】
公式アナウンスに訂正があったようで、上に引用した表示方法の説明は“「有効」を選択時には、全員の方に画像認証が表示されます。” が正しいようです。

【2013/11/09 21:45追記】
スパムを減少させるための仕様変更について書いたこの記事にスパム投稿を試みるなんて笑えないジョークだ。訪問者数に対してPV数はなんと20倍にも達しようかという勢い。困ったもんだよ。

web拍手 by FC2
ブログパーツ

8月公開の観たい映画 [映画‐雑記]

さすが夏休み期間ということもあって8月は大作が目白押しです。自分のようなボンクラオタクの成れの果てなおっさんでも「うおー、これは観たい、観に行くぜー」とたぎる映画がいっぱいです。既に話題になってるものがほとんどですが何本かご紹介、決して予告動画をYouTubeから引っ張って楽をしようなんて考えてませんよ。ははは、いやだなあ。ちなみに映画のタイトルには公式サイトへのリンクが張ってあります。

パシフィック・リム


映画『パシフィック・リム』日本限定版予告編

怪獣 vs. 巨大ロボです、まいっちゃいますね。上に貼った予告の冒頭で監督自身が述べてるとおり、日本で生み出された様々な先行作品へのリスペクトに溢れた作品のようです。そうまで言われちゃ見ないわけにはいかないでしょう。ど迫力の映像は大きいスクリーンで観たいですしね。8月9日より公開ですのでぜひ。

ワールド・ウォー Z


『ワールド・ウォー Z』予告編

こちらは8月10日より公開、ブラッド・ピット主演のパニック映画ですかね。同名の原作小説があります。未知のウイルスが蔓延し人間が突然凶暴化するってお話なんですが、どうも日本では集客上の理由からでしょうか重要な部分、作品の肝と言うべき要素を隠して宣伝されてるんですね。迷いましたがはっきり書いちゃいましょう、人間が凶暴化する=ゾンビ化しちゃうってことです。別に隠すことないと思うんですが難しいもんですね。

スター・トレック イントゥ・ダークネス


映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』本予告編

2009年に公開されたリブート版の続編です。今回カーク船長ら主人公たちの前に立ちふさがる悪役を、テレビドラマ『SHERLOCK』で現代版ホームズを演じ日本でも人気のベネディクト・カンバーバッチが演じているのも見所でしょうか。前作以上にスペクタクルシーンも多そうですし大きいスクリーンで観たい一本ですね。こちらは8月23日から公開です、みんな映画館にワープだ!(えー)

マン・オブ・スティール


映画『マン・オブ・スティール』本予告編映像

スーパーヒーローの代名詞でもある「鋼鉄の男」スーパーマンの新作です。日本ではクリストファー・リーヴ主演の1978年版を思い浮かべる人も多いでしょう。2006年にも映画化されましたが今回は新たに語り直すということらしいです。基本的な設定は踏襲しつつも時代に合わせて一新する、というのはアメリカのヒーローコミックではそう珍しい話ではないようですが。さて、現代においてヒーローとは、という難しいテーマをどう描いてくれるのか楽しみです。8月30日からの公開ですのでぜひ。

web拍手 by FC2
ブログパーツ

タグ:映画 動画 予告

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。